臨床検査技師の「ある証明」

臨床検査技師の皆さんや検査技師を目指す学生さんのお役に立てるブログの発信を目指しています。

臨床検査技師の年収はどのくらい?

臨床検査技師の年収は?

f:id:nazetosankai:20161207232836p:plain

 

 

一般的な年収って知ってますか?

日本全国の平均年収を年代ごとにまとめます。

 

20代

全体平均349万円(男性368万円・女性324万円)

 

30代

全体平均456万円(男性488万円・女性384万円)


40代

全体平均572万円(男性616万円・女性433万円)

 

50代

全体平均708万円(男性742万円・女性479万円)

 

 

臨床検査技師の平均年収

20代

全体平均300万円(男性310万円・女性290万円)

 

30代

全体平均405万円(男性415万円・女性390万円)

 

40代

全体平均470万円(男性500万円・女性450万円)

 

50代

全体平均530万円(男性540万円・女性490万円)

 

一般企業と比べて、病院勤務の給料は低い?

一般企業と比べて、病院や検査センターでの勤務は低いです。

特に東京・大阪の企業人と地方の臨床検査技師の病院勤務では、同じ年齢でも300~400万円以上の開きが出て来ることも珍しくはありません。

賃貸料や公共インフラの料金などの違いを考えるとそれくらいの開きは出てくるのは当たり前かもしれません。

 

何かに特化することなく臨床検査技師での病院勤務では、大幅に年収を上げることは不可能です。

 

 

病院勤務の検査技師は給料は安い!

どんな病院でも技師長クラスで650~700万が標準的なところでしょう。

都市部で1000床以上のDPCⅡ群病院の検査室の検査技師長で役職手当込みで850万という人を知っています。

1000万円なんて書いてあるサイトがありますがほぼありません。いらっしゃっても本当に一握りです。

色々な病院で職員給料を伺う機会が沢山あったため、間違いありません。

 

「いるじゃないか?」と言われるかもしれません。確かにいるとは思いますが、技師長は1病院に1人だけですよ?長い時間かかって、たったの1人です。

 

給料の話をすると「金だけじゃない!」という人たちもいますが、ビジネスマンにとって自分に対する評価って、やっぱり給料

経済効果を生むからこそ対価としてお給料に跳ね返ってくるということは、至極当然だと考えます。

 

自分に投資し、付加価値をつけよう!

ではどうすれば良いか。

答えは、「付加価値」です。

 

「他の臨床検査技師違うことが出来る臨床検査技師」が必要とされます。

それは検査技師に限ったことではありません。一般企業も同じです。

 

「こいつは違う!」「そんなこと知ってるの?」「君がいないと困る」と言わせれば勝ちなんです。

 

なぜ病院で働くと給料が低くなりがちなのか?

答えは医師の給料がすべての上限になっているから。

病院の給与体系を考えてください。

同年代だとすると、医師の給料以上にもらえる他職種がありえますか?

 

勤務医の給料平均は800万~1000万円と言われています。

臨床検査技師はその半分の400万~500万円と考えると、合点がいくのではないでしょうか。

 

病院勤務での可能性は?

例えば、超音波検査士(エコー)や細胞検査士の認定資格を持つと給料がアップします。

病院勤務の臨床検査技師の花形です。

転職の際にも求人数が多いのが、やはりエコー細胞診でしょう。

 

ただし、資格手当ては病院の規定によりますので、年収としては10万~30万程度が一般的でしょう。しかし引く手あまたのため、転職すると大きく年収をアップさせることも出来ます。

 

でも、研修先にその資格を持った先輩方や同僚はたくさんいませんか?

もっと柔軟な頭で考えてみてもいいと思います。

別の記事で違う方向で伸びていく可能性を考えていきます。

 

 

まとめ

臨床検査技師の平均給料は高くないが、考え方次第一つでとっておきの存在になれます。

自分だけの付加価値を探そう!